ホーム | 新着情報 | 団体概要 | 会員情報 | お問い合わせ

       

   ◆ 平成28年熊本地震により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
      この度の平成28年熊本地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
      御遺族の皆さまににお悔やみを申し上げます。
      また、被災された多くの皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。



   ◆ 東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
      この度の東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
      御遺族の皆様ににお悔やみを申し上げます。
      また、被災された多くの皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
      被災地の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

   ◆ 2016年度 クールビズ(環境省)


   ◆ みんなで節電アクション!(環境省)


   ◆ 企業等からの地方自治体等への寄付の方法について(内閣府被災者生活支援特別対策本部)


   ◆ 平成28年 経済センサス−基礎調査(経済産業省)




イベント案内


◆ 環境ゼミナールのご案内
   環境ゼミナールとは〜
    生活環境に密着した暮らし、食・農・林や健康に関わるテーマや内容の勉強会です。
    最新の開催予定は、こちらで随時ご案内いたします。


※ 8月の環境ゼミナールはお休みとさせていただきます。


「第212回環境ゼミナール」のご案内

  日 時: 2016年9月7日(水)17:30〜19:00
                   
  内 容:  ecoさろん(調整中)

  場 所: 一般財団法人日本環境財団


UP▲


◆ 健康と環境フォーラムのご案内
   健康と環境フォーラムとは〜
    地球環境という視点から、環境に関する様々な知識を幅広く身につけていただくためのシンポジウムや、
    各業界の講師をお招きして開催する講演会です。
    最新の開催予定は、確定次第こちらでご案内いたします。

UP▲


◆ 環境イベントのご案内

環境イベントとは〜

  環境保全に関わる活動の支援や援助を体験、実践して参画する参加型のイベントです。

  最新の開催予定は、確定次第こちらでご案内いたします。            
UP▲






最新活動内容

 

◆ご連絡

   誠に勝手ながら、7月28日(木)は職員研修のため、終日不在とさせていただきます。
   ご迷惑をおかけいたします。
   ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
                                                       一般財団法人日本環境財団 事務局
UP▲


◆「第211回環境ゼミナール」のご報告

日 時: 2016年7月20日(水)17:30〜19:00

内 容: ecoさろん(古代文明と自然環境の関わり)

場 所: 一般財団法人日本環境財団
UP▲

◆「第210回環境ゼミナール」のご報告

日 時: 2016年7月6日(水)17:30〜19:00

内 容: ecoさろん(自然環境とそこに棲まう野生生物)

場 所: 一般財団法人日本環境財団
UP▲

◆平成28年度 研究助成事業のご案内


  本年度の応募受付は8月1日から開始いたします。
  たくさんのご応募、お待ちしております。
  応募申請につきましては、8月末日を締切とさせていただき、9月開催予定の研究助成金運営委員会において審査をし、
  10月に可否の通知をさせていただきます。
  
  ※【平成28年度 一般財団法人日本環境財団 研究助成事業の募集について】
  
                                                     一般財団法人日本環境財団 事務局

UP▲

◆「第209回環境ゼミナール」のご報告

日 時: 2016年6月8日(水)17:30〜19:00

内 容: ecoさろん(自然環境と共存する人々の生活)

場 所: 一般財団法人日本環境財団
UP▲

◆環境イベント「からだとこころでふれあうHawaiian Culture 2015」のご報告

 日 時: 3部制
       第1部 2015年12月2日(水)17:30〜18:30
       第2部 2015年12月2日(水)19:00〜20:30
       第3部 2015年12月9日(水)19:00〜20:30

 場 所 : 一般財団法人日本環境財団

 内 容 : 3部制
       第1部 ecoさろん
       第2部 ハワイアン・フラのレッスン-1
       第3部 ハワイアン・フラのレッスン-2

 講 師: エイリ・マリエウイ・ホアカワイ・松藤 氏(フラ・ハラウ・ウイラニ 主宰)

 主 催 : 一般財団法人日本環境財団

今年で7回目の開催となる環境イベント「からだとこころでふれあうハワイアンカルチャー」。


第1部では、「ecoさろん」特別版として、当イベントでご参加の皆様からお預かりする参加費用の寄付先であるハワイの環境保護団体(National Tropical Botanical Garden)の活動の映像を含めたハワイの自然環境に関する映像をご覧いただきました。

日本では常夏リゾートとしての印象が根強いハワイ。
しかし、太平洋の真ん中に存在するハワイ諸島は、貴重な固有種を含め、大自然の宝庫。
その豊かな自然環境と、それらを保護し、数を増やそうとする保護団体の活動や団体が所有する貴重な植物を自然に近い形で保護している植物園の映像に、参加者の皆様にはご関心・ご興味をお持ちいただき、今年もご協力・ご賛同いただくことができました。

第2部では、エイリ・マリエウイ・ホアカワイ松藤氏によるハワイアン・フラをご指導いただきました。

今年の課題曲は、ハワイのカウボーイを歌った「'Ulupalakua」。
マウイ島ハレアカラ山の中腹に位置するウルパラクアを歌った曲です。

まずは曲で踊る4種類のステップを丁寧にご指導いただき、次にハワイ語の歌詞を単語の意味とその表現について説明していただきました。

まだ不安な個所もありますが、曲に合わせて1コーラス目を踊れるようになりました♪

参加者からは、「1週間で自主練習をしなくちゃ!」との声も。

第3部では、前回(第2部)の復習を兼ね、曲に合わせたステップの練習と、2コーラス目、3コーラス目の歌詞が意味する振りをご指導いただきました。

最終的に、参加者全員で楽しく踊れるようにご指導いただくことができました。

ご参加いただいた皆さんからは、既に来年の開催を心待ちにする声も!!

また、今回のイベントでは、賛助会員企業様より参加者の皆さんへサプライズのお土産が!!
ちょっぴり早いクリスマスプレゼントに、ご参加いただいた皆さんも喜んでくださいました。
今後とも、日本環境財団では、広く一般の皆さまが「環境に関わることができる」、「環境について考えることができる」ような各種イベントを企画・実施してまいります。
どうぞ、お楽しみに♪

なお、今回、皆さまからお預かりいたしました本イベントの参加費用は、ハワイの環境保護団体(National Tropical Botanical Garden)へ寄付させていただきました。

ご参加・ご賛同くださいました皆さま、どうもありがとうございました。
UP▲

◆平成27年度 研究助成事業のご案内


  9月14日(月)開催の研究助成金運営委員会において、審査の結果、平成27年度 研究助成事業 助成対象研究として、
  2件の研究案件が選定されました。
  たくさんのご応募、ありがとうございました。
     
  【平成27年度 助成対象研究 採択研究一覧】
  
                                                     一般財団法人日本環境財団 事務局

UP▲

◆協力イベント 女神の森シンポジウムのご報告






1.シンポジウム

 日 時 : 2014年11月8日(土) 開演:13時30分(終演予定:17時)

 会 場 : 株式会社AOB慧央グループ スペース森羅(山梨県北杜市)

 内 容 : @トークセッション
        八ヶ岳南麓には無限の可能性がある〜これからの時代の豊かさと健康〜
       A特別講演
        劇的な時代の変化に65年の歩みを続ける、クシマクロビオティックス

 出演者: @
       白倉 政司 氏(山梨県北杜市長)
       工藤 夕貴 氏(女優)
       中野 益男 氏(帯広畜産大学 名誉教授/日本環境財団 理事)
       滝口 友樹哉 氏(株式会社AOB慧央グループ 代表取締役会長兼社長/
                                       日本環境財団 理事長)
       A
       久司 道夫 氏(久司財団 会長/イーストウエスト財団 会長)

2.体験会

 日 時 : 2014年11月9日(日) 開始:10時(終了予定:13時30分)

 会 場 : 株式会社AOB慧央グループ 小淵沢ウェルネスガーデン(山梨県北杜市)

 内 容 : 健康関連の体験メニュー
       @ヨガの原点チベット体操
       Aマクロビオティック料理デモンストレーションと試食
       B自然を効果的に取り入れた運動法
       C野菜収穫体験

 指 導 : @越智 静香 氏(女優)
       Aパトリシオ・ガルシア・デ・パレデス 氏(KIJエデュケーションディレクター)
       B田部井 進也 氏(スポーツ指導士)

 主 催 : 株式会社AOB慧央グループ

 共 催 : アルソア本社株式会社、株式会社ビオクラ食養本社

 後 援 : 北杜市、株式会社山梨日日新聞社、株式会社山梨放送、
       株式会社テレビ山梨

 協 力 : 一般財団法人日本環境財団

すっかり秋色の木々に囲まれた会場で開催された本イベント。

1日目のトークセッションでは、医・食・農について、豊富な環境資源を誇る北杜市のその資源を有意義に活用するための意見が白倉市長からは行政としての意見、中野名誉教授からは学識の意見が、女優業の傍ら農業に従事していらっしゃる工藤夕貴氏からは、自らの体験談を交えた貴重な意見が交換されました。
近年重視されている「安心・安全」の根底には環境の保全が挙げられることを改めて認識できることとなりました。

特別講演会では、久司道夫氏による「食」の大切さやマクロビオティックについて、これまで氏が歩んでこられた経験談、欧米諸国の現状を交え、今後の日本のあるべき姿をお話しくださいました。

参加された方々は興味深く聞き入り、盛況のうちに終演を迎えました。

2日目の体験会では、女優の越智静香氏による体内環境を正常化するといわれるチベット体操の指導、パトリシオ・ガルシア・デ・パレデス氏による安心・安全な食材はもちろん、マクロビオティック理念の料理デモンストレーションが披露されました。

スポーツ指導士の田部井進也氏によるトレッキングは雨天のため中止となりましたが、代わって、近年における氏が実施しているボランティア活動を通した貴重なお話をしていただきました。

また、有機農法を実施している八ヶ岳レインボーファームでの収穫体験も雨天により小規模となりましたが、有機農法を行うことで野菜本来の味が作り出されるのはもちろん、野菜が持つ免疫力を上手に利用した農法等、興味深いお話をしていただきました。
試食でいただいた2種の大根は、その味の違いが分かるほどしっかりとした味わいで、蕪はフルーツ(柿)のような甘さに驚きました。

お土産に、パトリシオ氏のマクロビオティック弁当とレインボーファームの野菜を袋いっぱいにいただき、行楽客で満席の特急に揺られて帰京しました。
UP▲

◆ご挨拶

   2013年6月1日より下記へ移転をいたしました。
   何卒ご高承のうえ、一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。
   【新住所】
     〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-26-18 矢倉ビル2階
     TEL:03-6450-5201  FAX:03-6450-5203

                                                       一般財団法人日本環境財団 事務局
UP▲

◆第4回 健康と環境フォーラムのご報告

  日  時 : 2012年3月12日(月) 開場 17:20 開演 17:50 終演 20:40

  テ ー マ : 東日本大震災 未来への復興 〜キーワードは「環境と健康」〜

  出 演 者 : 第一部 講演1
          宮 江介 氏(東京大学庭師倶楽部/主任研究員)
          第二部 講演2
          石井 苗子 氏(女優・ヘルスケアカウンセラー)

  場  所 : 渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール(東京都渋谷区)

  主  催 : 財団法人日本環境財団

  後  援 : 株式会社アルソア本社
         NPO法人美と健康生活を考える会
         株式会社ビオクラ食養本社

  協  力 : 特定非営利活動法人日本臨床研究支援ユニット「きぼうときずな」プロジェクト
         任意団体東京大学庭師倶楽部
         特定非営利活動法人ジャパン・フォレスト・フォーラム
  プログラム:

   17:20〜      開   場

   17:50〜18:00  開会挨拶    篠根 肇(財団法人日本環境財団/専務理事)

   18:00〜18:45  講 演 1    「先人の知恵に学ぶ環境との共存と共栄」
                           宮 江介 氏(東京大学庭師倶楽部/主任研究員)

   18:45〜19:00  休   憩
 
   19:00〜20:30  講 演 2    「生活支援と心のケアの必要性について」
                           石井 苗子 氏(女優・ヘルスケアカウンセラー)

   20:30〜20:40  閉会挨拶

過去最大級の被害をもたらした東日本大震災発生から1年。
今回の健康と環境フォーラムは、「東日本大震災 未来への復興」と題し、東日本大震災や原発事故をはじめとする複合災害を経験し、一丸となって復興に立ち向かう日本人の環境と健康なくらしについて、被災地の一日も早い活性化のために、ご参加の方々と一緒に考えるフォーラムを開催いたしました。

第一部は、先人の知恵に学ぶ環境との共存と共栄について、東京大学庭師倶楽部 主任研究員の宮江介氏にご講演していただきました。
宮氏は、震災直後から被災地へ赴き、造園学を始めとした環境学の見地から調査、検討する一方、現地におけるボランティア活動や支援を行っていらっしゃいました。
先の第3回健康と環境フォーラムでもご紹介いただいた先人の知恵を有意義に取り入れた復興計画に基づいた活動や、1年が経過した被災地の現状についてご紹介いただきました。


第二部では、ヘルスケアカウンセラーとしてもご活躍されている女優の石井苗子氏を迎え、生活支援と心のケアの必要性について、ご講演していただきました。
石井氏は、東日本大震災被災住民支援プロジェクト「きぼうときずな」のメンバーとして、被災地での心のケアにあたって来られました。
目には見えない心のストレスや感情をどのように汲み取り、ケアをすれば良いのか。グリーフケアの概念と重要性について、第一線で活動されてきた石井氏の体験を基に、貴重なお話を聞かせていただきました。

ケアによって救われた方、これからケアを必要とされている方の未来が希望に満ちるよう、改めてお祈り申し上げます。


アンケート結果
UP▲

最新活動内容

  ◆勉強会
    ◇環境ゼミナール
    ◇その他勉強会

  ◆講演会
    ◇健康と環境フォーラム

  ◆イベント
    ◇環境イベント
    ◇その他イベント
◆講師一覧
  勉強会、講演会、イベントの講師プロフィールがご覧いただけます
UP▲

 
 
Copyright © 2004, Japan Ecology Foundation. All Rights Reserved.